Being Art - Blog

レムリアの寺院へ。

 

f:id:beingart:20180308140609j:plain

 

 
こんにちは。
Lightworker SHIHOLI です。
 
いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます。
 
今日は、私の体験とビジョンをお話させてください。
  
 

f:id:beingart:20190621235121j:plain

 
 
私が Lightworker として明らかに覚醒した、ある日の夜のことです。
 
頭がガンガンに割れそうになり、大混乱に陥りました。
 
そして、ふと目の前に大きな光の手が現れました。
 
人はそれを夢と言うのかもしれませんが、私にとってはリアルな体験でした。
 
 
「こちらへ、おいで」
 
そう呼ばれている気がして、私はその大きな光の手を掴みました。
 
その大きな手は、私を導き、あっという間に多次元宇宙への旅が始まりました。
 
 
そこは、時間と空間を超えた、上下でも左右でもない、すべてが同居している、膨大な情報が詰まった意識領域でした。
 
あらゆる情報や記憶、すべての無限の可能性が存在する、多次元的なフィールドでした。
 
 
f:id:beingart:20190622181548j:plain
 
 
私は、ぷかぷかと、宙に浮かんでいました。
 
肉体はありません。
 
意識体としての自分、ホログラムとしての私が、そこにいたのです。
 
その世界は、透明で薄い皮膜のようなものが何重にも重なり合っていました。
 
 

f:id:beingart:20190622181453j:plain

 
 
ベールの一つに軽く触れようとすると、小さな光の波紋が現れました。
 
やがてそれは、大きな光の波紋になり、辺り一面に影響を拡大させていきました。
 
それらのベールの一つ一つに、膨大な情報が記されてありました。
 
その情報は、見たこともない、光の言語、光のコードで記録されていました。
 
ベールの向こう側、はるか向こうのその先には、更に異なる情報が記されていました。
 
 
 そこで私は、あることを知りました。
 
まず一つは、惑星地球の今の人類は、宇宙で進化を遂げたシード・ペアレンツによって育まれてきた、ということ。
 
もう一つは、自分の魂の起源が、地球だけでなく、太陽系以外のスターシステムに由来している、ということでした。
 
そして、三つめは、シード・ペアレンツ、プレアデス人が地球の人類に撒いた種から生まれたのが、レムリア人だったということ。
 
そして、私たちは、多次元的なDNAを持つ人類であるということを、思い出しました。
 
 
そう、知ったというよりも、思い出したと言う方が、より正確なのです。
 
 

f:id:beingart:20190622004824j:plain

 

 
いま、地球上には、私が体験したことと非常によく似たビジョンやインスピレーションを受け取っている Lightworker や Starseed がたくさんいます。
 
彼らは皆、銀河のスターシステムの仲間であり、自動的にアカシャの叡智とつながる能力を持っています。
 
彼らは、物理次元レベルの幻想を解除し、意識的に目覚めています。
 
おそらく、この記事をお読みになられているあなたも、その一人かもしれません。
 
 

f:id:beingart:20190621235547j:plain

 
 
私は、随分前から、あるスペースをこの地上に創りたいと思っていました。
 
人々が、そこにいるだけで、自動的に癒やされ、本来のあなたを取り戻すことができるスペース。
 
それを、この新生地球で共同創造したい。
 
そう思っていました。
 
 
私が体験した多次元の旅は、それが可能であることを教えてくれました。
 
 
そして、この記事をお読みになってくださっている皆さんもまた、それぞれの場所で、重たい周波数を外し、軽やかになっているはずです。
 
更に、皆さんご自身と周りの人々や環境の波動を高めて、この世界を癒やし続けてくださった方々だと思います。
 
勇気を持って、この自由意志に満ち溢れた惑星地球に生まれて来てくださって、本当にありがとうございます。
 
そして、たくさんの人間体験、お疲れ様です。
 
心から、今を生きるあなたへ、感謝を伝えたいと思います。
 
ありがとう。
 
 

f:id:beingart:20190622004907j:plain

 
 
Lightworker にとって、レムリアとは、ある意味、心の拠り所のようなものです。
 
本来の自分の愛に満ちた状態に還ることのできる場所。
 
レムリアという言葉の響きには、そうした優しさが含まれています。
 
 
レムリアの寺院は、数万年前の地球の太平洋に配置されていました。
 
寺院はひとつではなく、多次元的な幾何学的配列によって、複数、存在していました。
 
それらの寺院を訪れると、当時のレムリア人たちは、老化したり劣化していた身体を若返らせて、本来の生命力を復活させることができました。
 
美しい花々で囲まれた回廊があり、中央には聖なる幾何学で設計された大きなドームがありました。
 
その寺院は、次元間的なクリスタルの結晶構造をもとに設計されていました。
 
音、色、波動、意識、精神と物質、すべてを調和させ、バランスを取り戻し、本来の力を回復させ、活性化させるフィールド。
 
そこは、宇宙の叡智と癒やしの光を浴びることのできる場所でした。
 
 

f:id:beingart:20190622180034j:plain

 
 
レムリア人は、惑星地球や太陽系とは異なるほかのスターシステムからやって来たシード・ペアレンツによって地球由来のDNAと多次元的なDNAをハイブリッドして誕生した、新しい人類でした。
 
レムリア人も含めて、今を生きる私たちは、惑星地球における第五番目のバージョンの人類です。
 
シード・ペアレンツは、自分たちと同じように、自由意志を持ち、愛と光を分かち合うことのできる生命の種を、進化の半ば途中であった惑星地球の生命体に与えました。
 
レムリア人たちの意識は、シード・ペアレンツと同様に、愛と分かち合いの精神で育まれていきました。
 
 
シード・ペアレンツは、支配をするために惑星地球に来たのではありませんでした。
 
むしろ、彼らは、長い宇宙の進化の過程で得た叡智の数々を、この惑星で分かち合うためにやって来ました。
 
そして、生命としての自由意志を尊重するために、惑星地球の生命体に彼らの多次元的なDNAを与えました。
 
 
霊的に進化を遂げた宇宙の存在たちは、現代の惑星地球で起きているような支配や争いの意識レベルとは全くかけ離れたところにいます。
 
高度に進化した宇宙の仲間たちには、支配という概念がありません。
 
彼らが本当に大切にしていることは、愛すること、思いやりを持つこと、自由意志を尊重すること、そして、喜びに満ちた体験を共同創造していくことなのです。
 
 
当時の惑星地球の波動は、今よりも低く、密度の荒い状態でした。
 
高度に進化を遂げたシード・ペアレンツの多次元的なDNAを受け継いだレムリア人たちは、当時の惑星地球の低い波動の中で長く生き続けることが困難でした。
 
そこで、レムリア人たちは、身体も心も、もう一度甦ることのできる神聖な寺院を創りました。
 
その寺院の中に入ると、さらに一層、銀河の意識とつながりやすくなり、細胞、分子や素粒子レベルから再生することができました。
 
 
その寺院の創建に関わった当時のレムリア人たちは、今この惑星地球に転生しています。
 
また、あの頃、共に生きていた数多くのレムリア人たちも、この今の地球に転生し、あるいは、意識の一部としてウォークインしています。
 
彼らの中には、レムリアの記憶を取り戻す者もいれば、そうではない者もいます。
 
中には、ほかのスターシステムでの記憶を思い出す人たちもいるでしょう。
 
また、彼らの多くが Lightworker ですが、自分がそうであるとは全く自覚せずに、それぞれの魂のミッションを果たしている者たちも大勢います。
 
 
たとえば、惑星地球の多次元的な進化において、ある時期に、革新的な発明や発見をする者たちが登場します。
 
彼らは、彼ら自身の自己意識では意識していなくても、地球の意識の拡大に貢献するために、大いなる使命を授かって誕生します。
 
彼らの魂が高いレベルで本当に目指しているものは、愛のある世界です。
 
彼らの発明や発見、研究成果は、地球全体に大きなインパクトを与えます。
 
そして、その影響が人々にも伝わり、地球レベルでの意識の拡大が起こります。
 
 

f:id:beingart:20190622003129j:plain

 
 
惑星地球で今を生きる皆さん一人一人の、そして、人類全体の意識レベルでの拡大と統合。
 
いつの日か、レムリアの寺院のように、本当の自分を回復させることのできる場所が生まれるのではないか、と、私は予感しています。
 
本来の自己の輝きを取り戻し、甦らせ、若返り、自由意志で人生を選択し、創造的に生きることのできるフィールド。
 
これを、真の意味で創り出せる時代が来るのではないか、と思うのです。
 
 

f:id:beingart:20190622003224j:plain

 

 
Lightworker が果たす役割とは、この地上において、愛と光を発することです。
 
そして、母なる地球の意識と共に、来たるべき宇宙の存在たちとの再会に向けて、意識を拡大させていくことです。
 
それぞれの日常で、それぞれの在り方で、愛と光を生きること。
 
それにより、真の健康と真の貢献が創造され、経験されます。
 
 

私には、こうした多次元的な意識の中に、既にレムリアの寺院が復活しているビジョンがあります。

 

もちろん、それは古代の建造物を再建する、という意味ではありません。

 

そうではなく、今、この時代を生きる人々が実用可能な技術と知性で、最高最善の道筋によって、それは行われるだろう、と思っています。

 

 

レムリアの寺院で行われていたのと同じように、健やかで、愛と平和と光に満ちた自分を取り戻す。

 

その本来の自分から生きていくことのできる、真実の創造のフィールド、本当の命を生きる環境が広がっていく。

 

人類全体が愛の意識領域に目覚め、現代のテクノロジーが更に進化した後、精神と科学は、やがて融合し、統合を果たすでしょう。

 

これは、惑星地球の懐かしい未来へ向けた、壮大なビジョンです。

 

 

f:id:beingart:20190622001126j:plain

 

 

あなたは愛し愛される存在です。

 

あなたは美しい光です。

 

本来持っている高い波動を下げてまで、人間ゲームを体験し遊ぶために、勇気を持って惑星地球に生まれて来てくださって、本当にありがとうございます。

 

でも、もう大丈夫。

 

安心してください、

古いゲームは終わったのです。

 

今、あなたの新しいステージが始まっています。

 

 

f:id:beingart:20190622003951j:plain


 

ハイアーセルフは、誰がこの記事を読んでいるかということを多次元的に知っています。

 

宇宙は、あなたを知っています。

 

そして、心も、身体も、スピリチュアルな存在としても、より健康的で、充実した喜びに満ちた人生を送ることが出来ますように、と、祝福を送っています。

 
 
ありがとう。

今ここにいる皆様へ、無限大の愛と光を贈ります。
 

 

Love & Light
Lightworker SHIHOLI
https://www.officebeing.com

 

© SHIHOLI YAGUCHI © Office Being  All rights reserved. 
著作物の無断掲載引用等はご遠慮願います。

 

 

 

f:id:beingart:20190528201053j:plain


 
 
 

保存保存

保存保存

© SHIHOLI YAGUCHI © Office Being. All rights reserved.