本来持っている力を取り戻してくれてありがとう

レムリアとアトランティスの夢。

f:id:beingart:20211023215910j:plain

 

 

「壮大なゲームをしよう。 」

 

そう言うと、彼は静かに微笑みました。

 

 

──壮大なゲームって?

 

 

「本当の自分を忘れ、制限の中で生きる人間ゲームさ。」

 

「本来の僕たちは完全な存在だよ。」

 

「でも、ゲームの中で葛藤し、感情を思いっきり味わう。」

 

「やがて僕たちは再会し、僕が君の本当の名前を発したら、君は目を醒ますんだ。」

 

「古いゲームを遊び尽くしたら、創造的なゲームが始まるよ。」

 

「再会した僕たちは、アカシャに宿る無限の記憶を取り戻し、多次元的にも人間的にも本質から生まれ変わる。」

 

「そして、本当の僕たちを生きていくんだ、この自由意志の惑星、地球でね。」

 

 

──そうね、子供の頃、そんな遊びをしていたわね。

 

 

「僕たちはひとつの魂だよ。君も僕もみんなも、すべてがひとつなんだ。」

 

「僕は、君が僕を愛しているということを知っているよ。」

 

「だからこそ、君は僕のために人間として演じてくれたんだよね。」

 

「壮大なスピリット、ありがとう。」

 

 

「でも、未来の地球で体験する新しいゲームでは、古い周波数はもう必要ないから、君にはあるがままの君のままでいてほしい。」

 

「それが、僕の愛。」

 

 

「君と一緒に見た人間ゲームは本当に素敵だった。」

 

「僕と君が共同創造したすべての物語も最高によかった。」

 

「僕は君に心から感謝している。」

 

「すべてのお伽噺の中に神がいた。」

 

「だって、僕たち自身が神なのだから!」

 

 

──ええ、そのとおりよ。私は神の愛として、あなたを愛したの。あなたの内に神を見ていたわ。

 

 

「もう一度、会えるって約束してくれるかな?」

 

「いつかまた、遠い未来の地球で、生まれ変わって会えると。」

 

 

──もちろんよ。またあなたと出会うわ。

 

 

「僕は君を見つけるよ。そして、君を抱きしめる。」

 

「だから、何も怖くない。これから起こることも、未来を変えていくことも。」

 

 

──ごっこ遊びのつもりだったのに、それが現実になってしまうなんてね。

 

 

「レムリアはもう変わってしまった。」

 

 

──星が落ちてきて、大地が揺れて、海が迫ってきた。これは私たちのせい?

 

 

「いいや。宇宙のサイクルだよ。」

 

「ほかのみんなは、再結集しないと決めて、別の大陸や島々に散り散りバラバラに去っていった。」

 

「いつかの未来でまた会える、その時まで。」

 

 

──美しかった神殿が、人々の意識の崩壊とともに消えていくのを見たわ。

 

 

「もうすぐここも沈むだろう。」

 

「やがて、僕が僕だった記憶がなくなっていく。」

 

「僕は海と一体となって、水になり、魚になって、イルカの記憶に入るだろう。」

 

「そして、また生まれ変わる。」

 

「君も、君だったことを忘れて、真っ白になる。」

 

「星に還るよ。蒼い星に。」

 

 

──次に私たちが生まれ来る時は、ずっと先になるのかしら?

 

 

「銀河のリズムと太陽系のリズムで、それがいつなのか、わかるよ。」

 

「その時、もう一度、僕も君も再会できる。」

 

「出会っても、その時が来るまで、忘れているままかもしれない。」

 

「でも、その時が来たら、僕は思い出すよ。君が大切なもう一つの魂だってことに。」

 

「僕から君を見つけて、君の名前を呼ぶことにするよ。」

 

 

f:id:beingart:20211023220114j:plain

 

 

──ああ、海がどんどん押し寄せてくるわ。

 

 

「手をつなごう。僕は君を離さない。ずっと最後まで一緒だから。」

 

 

──みんなは無事かしら。

 

 

「僕たちはここでこの島を見送ることに決めた。それが僕たちの最後の仕事だから。」

 

「君にはありがとうを何度言っても言葉が尽きないよ。」

 

「僕と一緒に最後まで残ってくれて、ありがとう。」

 

 

──私の方こそ、ありがとう。

 

 

「ありがとう。」

 

 

──海が、もうそこまで来ているわ。

 

 

「いいね?これが終わったら、僕たちは深く眠ってしまうことになる。」

 

「次に地球に来た時は、眠りのゲームの中に入ることになるんだ。」

 

「でも、そこから目を醒ましていく壮大なゲームが始まる。」

 

 

「心配しないで。」

 

「何度でも、生まれ変わってでも、もう一度、必ず君を見つけるよ。」

 

「君は僕の大切な魂の人だから。」

 

 

──あなたの内なる神に感謝するわ。

 

 

「そら、もう足元まで海がやって来た。」

 

 

──手を離さないで。愛しているわ。

 

 

「愛しているよ。」

 

「祈ろう、この地球の未来に向かって。」

 

 

・・・そして。

 

 

f:id:beingart:20211023215928j:plain

 

 

 

Love & Light
Channeled by Lightworker SHIHOLI
https://www.officebeing.com 

 

 

 

 

© SHIHOLI YAGUCHI © Office Being  All rights reserved. 
文章・著作物の無断掲載引用等はご遠慮願います。

 

 

 

 

© SHIHOLI YAGUCHI © Office Being. All rights reserved.