本来持っている力を取り戻してくれてありがとう

自分の本音にフタをしない

f:id:beingart:20211016194902j:plain

 

 

「頭の中がごちゃごちゃしています。心も重くてしんどいです。やりたいことはあるのですが、否定的な感情が止まらず、、、どうしたら自分の本音を大事にしながら乗り越えていくことができるのでしょうか?」

 

 

もしかしたら、あなたはやりたくないことをやっていませんか。

 

あなたの一日の時間の使い方を振り返ってみてください。

 

くよくよしたり、自分を責めたり、自己否定したりする時間を多く取ってしまっているとしたら、それはあなたの価値も能力も下げてしまうことになります。

 

それは本当にあなたのやりたいことでしょうか?

 

きっと、自分の価値や能力を下げてしまうようなことは、本当はやりたくないはずです。

 

 

では、自分の可能性を止めてしまうような感情が起きたら、どうするか。

 

たとえば、その感情を楽しめるようになったらどうでしょう?

 

苦しい、つらい、悲しい、怖い、不安などの感情が来た時、それを遊園地のジェットコースターだと思って、感情の波を体験しているのだと思ってみるのです。

 

感情体験を一種の娯楽、余興だと思って、その体験を充分に楽しんでみる。

 

そして、充分に体験したら、あとはそのジェットコースターから降りて、本当のあなたに戻るようにしてみるのはどうでしょうか。

 

 

あなたにとって、本当にやりたくないことは何でしょうか?

 

そのやりたくないことを、今、やめてみませんか。

 

やりたくないことをやめてみたら、今、何が起こるでしょうか?

 

もしかしたら、「本当はやらなくてもよかったのでは・・・」という考えが浮かんでくるかもしれません。

 

あるいは、「自分は自分でいていいんだ・・・」というホッとした氣持ちになっていくかもしれません。

 

 

自分を責めてしまうような自己否定をやめると、あなたの心にスペースが空きます。

 

そのスペースが新たなエネルギーを生むので、自分のエネルギーを奪うような行為は自然にやめていくことができるようになります。

 

「本当はやらなくてもよかったんだ・・・」

「本当は古い自分の過去を持ち続けなくてもよかったんだ・・・」

 

こうした気づきの瞬間に、あなたは今まで自分に課してきた古い尺度を手放していくことができるようになります。

 

自分を制限してきた古い尺度を手放していくと、あなた自身が自分に対する自己評価が変わります。

 

そして、これまでの古い自分の自己イメージを手放していくことができるようになります。

 

過去ではなく、次に進んで行くことがでいるよう、前向きになっていくことが大切です。

 

 

新しい未来を創っていくにあたり、大事なことがあります。

 

それは、あなたにとって意味のある感情を体験することを自分に許す、ということです。

 

あなたにとって意味のある感情とは、喜び、嬉しさ、楽しさ、ワクワク感、誇らしさ、心地よさ、清々しさ、温かさ、慈愛、思いやりなどの感情です。

 

こうした自分のエネルギーを高めてくれる感情はあなたにとって意味のある感情なので、自分に許してあげてください。

 

 

私たち人間は、周りの人々と一緒に幸せになっていくことで幸せを感じることができます。

 

一方、自分さえ良ければいいという自己中心的な幸せを追求すると、かえって苦しくなるものです。

 

ですから、あなたがこれから本当の自分の未来を創っていくために大切なことは、

 

  • あなた自身の本音にフタをしないこと
  • 自己中心的な自分の在り方を手放すこと
  • 自分も周りも幸せになれる道を選ぶこと

 

この3つが重要になっていきます。

 

 

自己中心的な幸福感を追求すると、それは優越感を生み出してします。

 

優越感は、真の幸福感とは異なります。

 

それは、自分が上で、相手が下だという差別の認識を助長します。

 

この場合、人との比較による優位性が幸福の基準になっているため、優位性が保たれなくなった途端に、自分の価値や自己評価を下げてしまうことになります。

 

もっと最悪なのは、自分の自己評価が下がると、それを無意識に穴埋めしようとして、周りの人々の可能性を奪う行動に出たり、人の足を引っ張るような無意識的な行動をしてしまうことです。

 

こうなると、誰もそんな人と付き合いたいとは思わないので、人は離れていくでしょうし、可能性を奪い合うようなネガティブな人間関係を引き寄せては人生が行き詰まってしまうでしょう。

 

 

なので、自己中心的な幸福感を追求するのではなく、

 

「自分が何を行うことで、周りの人々に喜びを与えていくことができるだろうか」

 

とイメージしていくことが大切になっていきます。

 

つまり、みんなの幸せがあなたの幸せになれるよう、新しい未来を創っていくのです。

 

そして、相手を祝福する気持ちを忘れないことです。

 

 

そのためにも、まずは自分の本音にフタをしないことが大切です。

 

自分に嘘をついてまで、みんなのために頑張ろうとすれば、それは苦しくなるだけです。

 

自分が苦しいのに頑張り続ければ、あなたの心と身体に痛みを作ってしまいかねません。

 

なので、自分の本音を大事にしてあげてください。

 

そして、同時に、人々に貢献している未来の自分をイメージしていくことも大切になります。

 

 

ギブ・アンド・テイクではなく、貢献と感謝の関係性にこそ、真の幸福感があります。

 

ギブ・アンド・テイクは「私はあなたに○○を与えた。だから、あなたは私に○○を与えなくてはならない。」というお互いの義務やノルマを作り出します。

 

その結果、束縛し合う関係性になりかねません。

 

 

一方、貢献と感謝の関係性は、あなたが本当に心からそうしたいと思ったことを行い、相手や周りのために貢献していくものです。

 

これは他者からの評価を求めていません。

 

それはあなたが自主的に貢献しようとして行うものなので、相手からの見返りも求めていません。

 

そして、だからこそ、あなたも相手も、お互いに感謝が自然に湧いてきます。

 

これが、真の幸福感の源になっていきます。

 

 

そして、最終的には、あなたの価値や能力への評価をするのは、あなた自身になります。

 

あなたが未来を明るく希望に満ちた可能性のあるものとイメージしているなら、どんな過去も、どんな自分も、未来につながる最高の自分になっていきます。

 

 

あなたの未来は明るいです。

 

未来から見れば、あなたの過去も今も、失敗ではなく、必要な体験だったということになります。

 

なので、失敗を恐れなくても大丈夫です。

 

 

迷ったら、一度、手放してみる。

 

スッキリすれば、見えてくる景色も変わります。

 

新しい景色の中で、あなたの本音をよく吟味してみてください。

 

ここから先は、本当に心から望む未来を見つめていきましょう。

 

 

自分を新しく創り変える気持ちで、これまでの古い自分の枠組みをリセットして、刷新する。

 

その時、あなたの本当の氣持ちを大事になさってください。

 

それが、あなたの新しい未来を創るための原動力になっていきます。

 

 

そして、そうなります。

 

 

 

f:id:beingart:20211016194914j:plain

 

 

 

Love & Peace
Lightworker SHIHOLI
https://www.officebeing.com 

 

 

 

© SHIHOLI YAGUCHI © Office Being  All rights reserved. 
著作物の無断掲載引用等はご遠慮願います。

 

 

 

 

 

© SHIHOLI YAGUCHI © Office Being. All rights reserved.